細胞培養センター(CPC)のご案内

細胞培養センター(CPC:Cell Processing Center)とは、細胞を培養するために必要な清浄度が保たれている専用のクリーンルームです。

cpc1
医療法人再生未来
細胞培養センター
(Cell Processing Center)
〒570-0012
大阪府守口市大久保町3-34-8
ネイチャー21ビル 3F
TEL:06-6903-7106 FAX:06-6903-7102
管理責任者:久保 健太郎(医学博士)


日本国内で病院内にCPCを持っている施設は数件しかありません。CPCでは医師や医学博士など専門の知識と技術をもった専任の細胞培養技術者が在籍し、患者様からお預かりした皮膚から、コラーゲン線維をつくり出す肌細胞を培養しています。

管理体制

CPCは5つの部屋から構成され、用途・清潔度から大きく分けて3つの区域に分かれています。外気の侵入、埃や微生物の移動による汚染の拡散を防ぐために、各部屋は各々固有の室圧にコントロールをされています。管理室では各部屋の環境や機器の状態がコンピューター制御により24時間体制で監視・記録されています。

細胞培養担当者は最初に管理室より一次更衣室(第1清浄区域)を通って、準備室(第2清浄区域)に入ります、そこから、二次更衣室(第3清浄区域)を通って、細胞調製室に入室します。細胞培養調製室から退室する場合は、脱衣室を通ります。各部屋にはエアロックが設けられ、ドアはオートロックにより一方通行にしか行き来できません。

cpc-room

cpc-1

クリーンルーム内作業着

cpc-2

セキュリティー扉

cpc-3

顕微鏡作業

cpc-4

炭酸ガスインキュベーター

cpc-5

遠心機

cpc-6

安全キャビネット


フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ