大学との共同研究と研究論文

R未来がん国際クリニック(医療法人再生未来)では、癌の根治と医学の発展のため大学などの機関と共同研究を進めております。

研究論文

researchpaper

当院で行っている治療についての医学的根拠を示す研究論文を掲載いたします。


マクロファージ活性化療法

R未来がん国際クリニック(再生未来)で行っている、眠っている免疫細胞を活性化して、癌細胞を退治する療法「マクロファージ活性化療法」に関連した研究論文です。


光+超音波ダイナミック療法

ガン細胞にのみ取り込まれる感作剤を使い、癌を攻撃する「光+超音波ダイナミック療法」に関連した研究論文です。


フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ