R未来がん国際クリニックのがん治療コンセプト

R未来がん国際クリニックのがん治療は、癌の局所破壊と免疫療法などの最先端治療を併用することにより効果を最大限にまで高めます。

癌(がん)の局所破壊
HIFU 集束超音波治療法
超音波ダイナミック療法
光ダイナミック療法

免疫療法
マクロファージ活性化療法
ハイパーT・NK療法
樹状細胞療法

併用治療で効果を最大限に高める

最先端の治療を併用することにより効果を最大限にまで高めます。

癌(がん)の局所破壊とは?

〜癌細胞を物理的に攻撃し破壊する〜

癌(がん)の局所破壊

超音波や光、熱などの体の外からガン細胞に作用する力を与えて、ガン細胞だけを狙って破壊する治療です。
乾がん免疫クリニックで行っている癌の局所破壊治療は、従来治療と比べて副作用が少なく、正常な細胞にはダメージを与えにくい体に優しい治療です。

R未来がん国際クリニックの癌の局所破壊治療

  • HIFU 集束超音波治療法
  • 光ダイナミック療法
  • 超音波ダイナミック療法 等

癌(がん)の免疫療法とは?

〜人間が本来持っている免疫力の回復〜

癌の免疫療法

健康な人でも毎日数千個のガン細胞が生まれていると言われております。それでも癌にならないのは、人間が本来持っている免疫力のおかげです。
癌免疫療法は人間が本来もつ免疫力を回復・高める治療です。
癌免疫療法は、体全体の免疫力を高める治療なので、癌の部位に関係なく効果が望めます。

R未来がん国際クリニックの免疫療法

  • マクロファージ活性化療法
  • ハイパーT・NK療法
  • 樹状細胞療法 等

R未来がん国際クリニックの癌治療は、癌の局所破壊と免疫療法、最先端の治療を併用することにより効果を最大限にまで高めます。

本ページは当クリニックの治療コンセプトを説明したページです。各治療方法について詳しくは「治療のご案内」をご覧ください。
また、ホームページからの問い合わせ、フリーダイヤル(0120-462-105)からご相談を承ります。

フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ