プライバシーポリシー

i東京クリニックを運営する医療法人再生未来は『人体へのサービス』の新しい市場を創造し、再生医療を出発点に人類の福祉・幸福に貢献するという基本理念のもと、患者様にご満足いただけるサービスを提供するためにお預かりした、大切な個人情報の取り扱いにつきましては個人情報に関する法令を遵守し細心の注意を払っております。

以下、当クリニックの個人情報の取り扱いについての考え方を記載いたします。

個人情報の取り扱いについて

1.法令等の遵守
当クリニックは、患者様の個人情報を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律をはじめ個人情報保護に関する諸法令、関係省庁のガイドラインおよびこのプライバシーポリシーを遵守します。

2.個人情報の取得・利用
当クリニックは、あらかじめ利用目的、お問い合わせ窓口等の必要な情報を明示し、同意を得た上で、適正かつ公正な手段によって個人情報を取得するよう努めます。
当クリニックは、患者様の個人情報について、下記の業務内容に関し、下記の利用目的の達成に必要な範囲内で取扱うこととし、その範囲を超えて取扱いはいたしません。

1. 業務内容
先端医療技術の開発及び治療用細胞加工等の細胞医療支援サービスおよびこれらに付随する業務
セルバンク(細胞保管)サービスおよびこれに付随する業務
医薬品、医薬部外品の開発、製造、輸出入及び販売並びにこれらに付随する業務
産業財産権、ノウハウ、システム技術の取得、企画、保全及び利用並びにこれらの仲介サービス並びにこれらの付随する業務
特許ライセンス取得及び技術指導の仲介サービス並びにこれらに付随する業務
医療用具の開発、製造、輸出入及び販売並びにこれらに付随する業務
医療に関するコンサルティングサービスおよびこれらに付随する業務
労働者派遣事業およびこれらに付随する業務

2. 当クリニックが保有する個人情報の利用目的は次の通りです。
当クリニックのサービスにおける予約手続き、お支払い手続き
当クリニックへの資料請求、お問い合わせやご依頼などへの対応
当クリニックのサービスの変更があった場合のご案内
当クリニックのサービス・イベント等のご案内
個人が特定出来ないよう配慮した統計・分析
当クリニック施設内での患者様の細胞管理業務
当クリニック施設内で行われる細胞医療の研究
上記1~7に付随、関連するサービス・サポートのご提案、提供

3.【利用目的の範囲内での利用】
当クリニックは、前項の利用目的の範囲内で個人情報を取り扱います。

4.【安全管理措置】
当クリニックは、お預かりした個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努め、不正なアクセス、改ざん、漏えいなどから保護すべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

5.【従業者及び委託先の監督】
当クリニックは、患者様からお預かりした個人情報の取り扱いに関して、従業者に対して適切な監督を行います。
また、患者様の個人情報を利用目的の範囲内で第三者に委託する場合があります。当クリニックは、委託先が個人情報を適切に取り扱っていることを確認の上、選定し、契約等を通じて必要かつ適切な監督を行います。

6.【第三者への提供】
当クリニックは、以下のいずれかに該当する場合を除き、患者様の個人情報を第三者へ開示・提供いたしません。
患者様ご本人の同意がある場合(※指定医療機関への提供の場合は、ご本人の同意がある場合に該当します)
法令に基づき裁判所、警察などの公的機関から要請があった場合
患者様、第三者の生命・身体または財産の保護のために必要な場合で、患者様の同意が困難である場合

7.【開示等の請求等】
当クリニックは、患者様が個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、訂正、追加若しくは削除又は個人情報の利用若しくは第三者への提供の停止等(以下『開示等の求め』といいます)の求めに対応させていただくにあたっては、以下の手続によることといたします。
なお、ご本人さまを確認できない場合、所定の依頼書等の書類に不備があった場合等につきましては、開示等の求めの受付ができませんので、以下の手続を十分にご理解いただきますとともに、開示等の対象となる保有個人情報の特定に必要な情報の提供にご協力願います(個人情報の正確性・最新性確保の観点より、お届け内容に変更等があった場合には、速やか当クリニックにお申し出ください)。
また、法令等の定めにより、開示等の求めに対応できない場合もございますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

[申出先]
〒572-0012 大阪府守口市大久保町3-34-8 ネイチャー21ビル3F
医療法人再生未来 再生未来クリニック大阪
TEL:06-6903-7106
FAX:06-6903-7102
※事前にご連絡の上、アポイントをお取りになってからお越しください。

[提出書類等]
通知 なし
開示 当クリニック所定『保有個人情報開示依頼書』に必要事項をご記入のうえ、下記の本人確認書類等をご準備ください
訂正・追加・削除 および当クリニック所定『保有個人情報訂正等依頼
利用停止・消去・第三者提供停止書』に必要事項をご記入のうえ、下記の本人確認書類等をご準備ください

[手数料]
通知 無料
開示 無料
訂正・追加・削除 無料
利用停止・消去・第三者提供停止 無料

[回答の方法、時期等]
通知 当クリニック制定帳票『利用目的のお知らせ』をお渡しします。
開示 原則、お申し出の受付から10営業日以内をめどに、回答書を申請者さまあてに申請者さま本人限定受取郵便で郵送いたします。
訂正・追加・削除 および原則、お申し出の受付から10営業日
利用停止・消去・第三者提供停止以内をめどに、口頭または書面によりご回答いたします。
[本人確認方法(代理人の方の代理権の確認方法を含みます) ]
ご本人さまの確認のため、以下のいずれかの書類を1通ご持参ください。 (有効期限内もしくは現在有効なものに限ります。)
・運転免許証
・パスポート
・各種健康保険証
・外国人登録証明書

開示等の求めをお申し出される方が、未成年者または成年被後見人であるご本人さまの法定代理人の場合、もしくは開示等の求めをすることについてご本人さまが委任した代理人の場合は、上記の書類(ご本人さまおよび代理人の双方分)に加えて、以下の書類をご持参ください。
[法定代理人の場合]
法定代理権があることを確認するための書類(戸籍謄本、親権者の場合は扶養家族が記入された健康保険証でも結構です) 1通

注意事項
[開示をお断りする場合]
次のような場合には、法令等の定めに基づき、開示をお断りさせていただきます。
開示をお断りさせていただく旨を決定した場合は、ご連絡の上、その旨・理由をご説明いたします。また、開示をお断りする場合についても所定の手数料をいただきます。
・開示等の求めの対象が『保有個人データ』に該当しない場合
・開示等の求めの対象である『保有個人データ』を具体的に特定することが困難、または容易に検索することが不能と判断される場合
・本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・当クリニックの業務の適正な実施に著しい支障をおよぼすおそれがある場合
・他の法令等に違反することとなる場合

[訂正・追加・削除をお断りする場合]
次のような場合には、訂正・追加・削除をお断りさせていただきます。訂正・追加・削除をお断りさせていただく旨を決定した場合は、ご連絡の上、その旨・理由をご説明いたします。
・訂正等の求めの内容が事実でない場合、または、その真偽を確認できなかった場合
・訂正等の求めの内容が、当クリニックが評価、付加した情報である場合
・訂正等の求めの内容が、利用目的の達成に照らして、対応の必要性が低いと考えられる場合

[利用停止・消去・第三者提供停止をお断りする場合]
次のような場合には、利用停止・消去・第三者提供停止をお断りさせていただきます。利用停止・消去・第三者提供停止をお断りさせていただく旨を決定した場合は、ご連絡の上、その旨・理由をご説明いたします。
・利用停止等の求めの内容が事実でない場合、または、その真偽を確認できなかった場合

   
8.【お問合わせ先】
当クリニックは、取り扱う個人情報に関する患者様からのご意見、ご質問その他お問い合わせについて迅速かつ適切に取り組みます。
[個人情報に関するお問合せ先]

〒572-0012
大阪府守口市大久保町3-34-8 ネイチャー21ビル3F
医療法人再生未来 再生未来クリニック大阪
TEL:06-6903-7106
FAX:06-6903-7102
受付時間 当クリニック営業日の 10:00~18:00
9.【継続的改善】
当クリニックは、患者様の個人情報を適切に取り扱うために、内部規程の整備、従業者教育および適正な内部監査の実施等を通じて、社内における個人情報の取り扱いについて継続的強化・改善に努めます。
また、法令の変更等に伴い、本ポリシーを必要に応じて見直し、その改善に努めます。本ポリシーを改定した場合、当クリニックホームページに掲載することにより公表しますので、定期的にご確認ください。

フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ