がんワクチン

自家がんワクチンは、患者様だけに特有ながん抗原を用いたがんの再発防止・転移予防・微小がん治療を目的にしています。また、がんの種類を問わず、どのがんにでも適用可能です。

photo0601

  1. 治療法
  2. 治療効果
  3. 治療の流れ
  4. 副作用について
  5. 費用
  6. 提携先リンク

治療法

患者さま個々人のパーソナルドラッグ

がん抗原や免疫担当細胞は、患者様一人一人によって異なるのが普通です。「自家がんワクチン」は、患者様自身のがん組織を固定したものが原料ですから、その患者様だけに特有ながん抗原を含みます。そのため、完全なパーソナルドラッグとなります。
「自家がんワクチン」はこれを用いたがんの再発防止・転移予防・微小がん治療を目的にしています。また、がんの種類を問わず、どのがんにでも適用可能です。

photo0602

上の図のように、患者様のがん組織を特殊な免疫刺激剤で特殊加工し、患者様ご本人に注射します。体内で活性化された免疫細胞が、がんを攻撃するというメカニズムです。

がん細胞を特異的に攻撃する免疫療法

患者様自身のがん組織を、ホルマリンで化学的に固定し完全に殺した上で、がん抗原としてワクチンに添加し投与します。そのため、高い確率でがんと戦えるキラー細胞の体内誘導が期待できるがん抗原に特異的な免疫療法となります。
この療法により体内で誘導されるキラー細胞の代表格が、細胞傷害性Tリンパ球(CTL)といわれるものです。
ホルマリン固定がん組織から作製した自家がんワクチンで誘導される CTLは、正常細胞とがん細胞が隣接していても、がん細胞だけを識別して殺すという非常にシャープな選択性を示します。

セルメディシン株式会社サイトから引用

治療効果

そのワクチンを投与すると、体中から免疫細胞が集まってきて、敵であるがん細胞を認知し、敵に対抗するリンパ球が作られ、がん細胞を攻撃します。

治療の流れ

がんワクチンを作成するにあたって

外科手術で取り出した患者様自身のがん組織を確保していただく必要があります。手術を受けた病院では、一定期間、患者様のがん組織をホルマリン漬けかパラフィン包埋ブロック状態で保存してるのが普通です。まずは手術を受けた病院に患者様のがん組織が残っているかどうか、お問い合わせください。がん組織は1g以上できれば2g は必要です。

投与回数

自家がんワクチンは、外来通院で接種可能です。入院の必要はありません。免疫反応テスト (DTH反応テスト)2回、ワクチン本体の接種3回の合計5回の注射を行います。
通常は2週間ごとに1回(急ぐ場合は1週間ごとに1回でも可)、上腕の皮内5ヶ所に、自家がんワクチンを注射します。全治療期間は、約6週間となります。

副作用について

副作用はほとんどありませんが、ワクチン投与前から既に自己免疫病を持っている疑いが濃厚な患者様への自家がんワクチン投与は、強い免疫刺激作用のため自己免疫病を悪化させる可能性があるので禁忌としております。

費用

提携先

セルメディシン株式会社…当クリニックでは自家ワクチンを作成しているセルメディシンと提携しております。

フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ