NK(ナチュラルキラー)細胞療法

腫瘍細胞やウィルス感染細胞などに対して、強い細胞傷害活性を示すことが知られているNK細胞で癌を治療します。

  1. 治療法
  2. 治療の効果
  3. 治療の流れ
  4. 副作用について
  5. 費用

治療法

発見と治療の展開

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、1970年代Herbermanグループにより発見されました。初期の生態防御機構において重要な役割を果たしており、抗原の感作なしに腫瘍細胞、ウィルス感染細胞などに対して、強い細胞傷害活性を示すことが知られています。
今日、科学的理論、根拠に裏付けられた研究の基で、対外で高活性、高純度の人NK細胞の大量増殖、培養する方法が確立されました。これにより誘導した、NK細胞(一部細胞傷害性T細胞を含む)で、癌を治療する基礎研究、臨床医学応用による癌の免疫治療を行っています。

誘導と治療法

photo1401

新しい癌の免疫治療 活性化自己NK細胞療法

今までの癌治療法は(1)手術法、(2)抗癌剤投与治療、(3)放射線療法による三大療法がよく知られています。しかし。これらの療法は体の負担が大きく、副作用が強い場合もあり、患者さんにとってつらい治療法となっています。特に、進行癌や末期癌については、抗癌剤の大量投与や放射線の大量照射による副作用も伴い、逆に寿命を縮める場合もありました。

最近癌の第4の治療法として(4)免疫治療法が期待されつつあります。免疫療法は、患者さんの低下した免疫力を高めて、患者の体内に侵入した細菌、ウィルス、腫瘍などを排除するための治療法で、体に優しく、副作用のない治療法です。免疫系は、他の異物や、病原菌が体内に侵入したとき、それを排除すると同時に、悪性腫瘍細胞にも働き、攻撃する自己防御システムを持っています。主に、悪性腫瘍細胞を攻撃するものとして、自然免疫系のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)、獲得免疫系のTリンパ球(細胞障害性T細胞)が知られています。

治療効果

副作用がない癌免疫治療

NK細胞は、抗原感作なしに腫瘍細胞、ウィルス感染細胞を破壊するリンパ球です。子供の頃には、体内にNK細胞数が比較的多く存在していますが、加齢に伴いNK細胞数は減少し、癌にかかる率も上がっていきます。体内にあるNK細胞と細胞障害性T細胞こそが、今日、最善の副作用がない癌治療であると考えています。

治療の流れ

培養と治療

患者さんから血液を50ccほど採取し、科学的な培養技術で刺激、活性化し、約2週間無菌状態で、数億~数10億個のNK細胞(一部細胞傷害性T細胞も含まれています)を増殖させ、生理食塩水に溶かし、再び静脈から患者体内に戻すという免疫治療を行っています。1回に投与する量は患者さんの状況により異なりますが、数億~数10億個のNK細胞数(T細胞を含む)で、通常健康な人が持っているNK細胞の数倍量です(一人の体内を循環する血液量は約4~5リットルでNK細胞量は約2億個とした場合です)。

治療期間

治療は患者さんの症状により異なりますが、基本的に3ヶ月で6回の投与治療が1クールになります。
※NK細胞による免疫治療法は、保険外診療となります。

photo1102

副作用について

一部の患者様で軽度の発熱(38度以下)が認められる場合があります。

費用

フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ