がん免疫療法の副作用

R未来がん国際クリニックのがん免疫治療の副作用と抗癌剤治療副作用の緩和について

がん免疫療法の副作用

fukusayou

癌免疫療法は抗癌剤治療などの従来治療に比べ、副作用が少ない体に優しい治療です。


当院で行っている癌免疫療法は、人間が本来もつ免疫力を高める治療であるため、副作用が少ないことが特徴でもあります。

また、薬剤を使用する治療でも、個人差はありますが軽い発熱や吐き気といったもので、従来の癌治療と比べて体に優しい癌治療であると言えます。

当院で行っている各治療の副作用については、各治療の詳細ページをお読みいただくか、R未来がん国際クリニックまで、ご相談・お問い合わせください。

抗癌剤(抗がん剤)治療の副作用を緩和

人間本来の免疫力を強化する治療だからこその効果・効能です。


免疫療法は癌細胞を退治する治療法ですが、人間本来の免疫力を回復するという治療でもあるため、抗癌剤(抗がん剤)の強い副作用で弱った体力の回復も期待できます。

実際に当院には、他の病院で従来の癌治療をしている患者様も多く来院しております。

人間が持っている本来の免疫力を取り戻すことによって、将来転移のおそれがある癌(癌細胞)に対しても有効です。

現在抗癌剤(抗がん剤)治療を受けられている方へ

抗癌剤(抗がん剤)などの強い副作用にお悩みの方は、免疫療法によってその症状が緩和・改善効果が期待できます。

癌免疫療法について詳しくは、R未来がん国際クリニックまでご相談・お問い合わせください。

フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ