乳がんに対するがん免疫治療の治療事例

R未来がん国際クリニックで行っているマクロファージ活性化療法と超音波ダイナミック療法での、乳がん治療の事例を掲載いたします。R未来がん国際クリニックでは、患者さまの症状に合わせた治療法をご提案いたします。詳しくはフリーダイヤルまでお問い合わせください。

case2

  1. 病歴
  2. 症状
  3. 病理所見
  4. 治療の概要
  5. 治療前後のCT写真
  6. 単球の割合と変化
  7. 腫瘍マーカーの改善
  8. 治療結果

患者さまの病歴

55歳の女性。

2009年9月
皮膚浸潤、左乳房の腫瘍の腫瘍摘出手術。術後、標準治療を受けることを拒否された。

2011年10月
右腋下部に腫瘍再発し、腫瘍マーカーは上昇した。

2012年7月
温熱療法および高濃度ビタミンC治療を受けた。

2013年6月
医療法人再生未来が運営する、乾がん免疫クリニックに来院し、治療を開始。

症状

・せき
・背中の痛み
・右腕の著名な腫れ(浮腫)

病理所見

・浸潤性乳管癌
・N0
・マージン( – )
・グレード3
・ER +
・PR +
・HER2陽性

case1

治療の概要

マクロファージ活性化療法

・第二世代GcMAF
・週2回の投与(0.5ml/回)
・合計21回

超音波ダイナミック療法

・モディファイドチンクロリンe6、25mg
・5-アミノレブリン酸、10mg/kg
・計19回の超音波ダイナミック療法(2013.6.12〜2013.9.30)

アロマターゼ阻害剤

・アロマシン、25mg/日

治療前後のCT写真

case2

・写真左 超音波ダイナミック療法の前に撮影
・写真右 治療後に撮影。

単球の割合と変化

case3

患者さまの単球は、マクロファージ活性化療法の初期段階に上昇し、治療​​に対する良好な反応を示している。

腫瘍マーカーの改善

case4

各腫瘍マーカーの数値も著名な改善がみられた。

治療結果

  • 咳、腰痛、手の浮腫などの症状の改善
  • 腫瘍マーカーの著名な減少
  • 右腋下腫瘍の消失
  • 重篤な副作用は無し

本治療効果は治療の一例であり、全ての症状においての治療効果を保証するものではありませんが、R未来がん国際クリニックでは、患者さま一人ひとりの症状や体力に合わせて適切な治療のご提案をいたします。まずは下記のフリーダイヤルまでご相談ください。

フリーダイヤル
 
0120-462-130


ご相談やご予約は、インターネットまたは下記のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが親身になりご相談をお受けいたします。

natureInternational weekly journal of science

nature記事1
nature記事2
Nature Outlook sponsored article.

世界No.1総合科学ジャーナル 『Nature』の再生未来クリニックの記事をご覧ください。


第17回バイオ治療法研究会学術集会

第17回バイオ治療法研究会学術集会

2013年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と医療法人再生未来の乾利夫理事長が「ソノダイナミック治療、GcMAFを併用した乳癌の1症例」の演題で講演いたしました。

ソノダイナミック療法 = 超音波ダイナミック療法
GcMAF = マクロファージ活性化療法

i東京クリニック(再生未来)の共同研究機関
R未来がん国際クリニックと大学との共同研究活動と当院の治療に関する研究論文
共同研究大学


ページの先頭へ